上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語の勉強法連載3回目です。

前回までは日本での勉強方法を掲載しました。
それでは今回は海外編いってみましょう。

②海外での勉強法(ワーホリ・留学)

 ワーキングホリデーや留学で英語環境を得られる国行ったのなら後は簡単!と思うかもしれませんが、
最近はここに落とし穴があるように思います。
毎年大勢の日本人がワーキングホリデーや留学で外国に滞在しますが、その数が増えすぎたためか、ある悲劇が起きています。

私がオーストラリアに1年間滞在した時には、英語を勉強しに来たというたくさんの日本人に会いました。
しかしその中には1年間の滞在後も日常会話さえもできないという人がけっこういました。
これはなぜか?
もちろん英語を使わない生活を送っているからです。

オーストラリアに滞在していたのに英語を使わないなんてことは不可能と思う人もいるかもしれませんが、
場所によってはほとんど日本語だけでも生活できてしまうところがあります。
これを避けるには冒頭で述べたように強い意志を持ち、
日本人だけで群れないことですね。


それでは以下に私が実際にやった英語の勉強法を示します。①日本でもできる勉強法と合わせて勉強するといいと思います。

1.現地で仕事をする

 この方法は絶対に英語が一番効率よく学べる方法です。
学校などでのいわゆる受身の授業とは違い、仕事場では英語が話せなければ仕事にならない→クビという図式が常にあるからです。
実践と練習では効果は明らかに違います。

なるべく現地のレストランで働くなど、日本人がいないところで仕事をするべきです。
とは言っても英語力のない人がいきなり仕事を得られるかと言われたら、おそらく無理です。
できても日本食レストランや日本人相手のお土産屋さん、つまり日本人であることが有利になるような仕事のみです。

ではどうするかと言われたら、私はここでボランティアを推します。
当然お金はもらえませんが(たまにもらえるとこもあるらしいですが)、
その分敷居はずっと低くなります。
周りは外人だらけなので、ここでまず英語力を向上させつつ、世のためになることをしましょう。

外国では行動力でなんとかなってしまうところも結構あります。
どんどん挑戦してみましょう。
→主にスピーキング、リスニング、仕事に関係のあるボキャブラリー向上


2.エクスチェンジパートナーを見つける
 外国人の中で日本に興味を持つ人は多いです。
その中で実際に日本語を学んでいる人に、エクスチェンジパートナーとして日本語を教える代わりに英語を教えてもらえます。
資格等を持っている必要はありません。
相手もただのネイティブスピーカーです。

ここでは自分の弱点や、不安なとこについて重点的に聞いてみましょう。
マンツーマンで教えてくれるので自分のペースで勉強できるのがいいところだと思います。
学校卒業後の文法の勉強や文章の添削、またはその国の文化に興味があったりするときに最適です。

探し方は掲示板が主流です。
ただ、相手が男性で「女性募集」とか掲示板に書いてあったらナンパ目的の可能性が高いです。
私が掲示板に載せた時自分のことを「24years old MAN」と書いたらまったく反応がなかったのに、
「24years old JAPANESE」にしたら反応があった・・・。
まったくの初対面の人と会うわけだからある程度用心しておきましょう。

→主にスピーキング、グラマー、ボキャブラリー、リスニング力向上

3.映画を見る

海外では映画が日本よりもずっと早く上映されるし、料金が安いです。
学校に通っているのならば、学割も利用できます。
オーストラリアでは週に1回映画半額デーがあり、500円くらいで新作を見ることができました。
もちろん英語なら字幕なんてないですが、頑張って理解してみましょう。
母国語が違う友達を引き連れて終わった後に感想を言い合いあったり、分からない内容を聞いたりするのもいいと思います。
→主にリスニング力向上

冒頭では海外生活でも英語が伸びない危険性を示唆しましたが、やはり公用語が英語なので、練習する機会はいくらでもあります。
日本人コミュニティから離れて、海外らしい生活をしてみてください。

 さて、3回に渡って英語の勉強法を挙げましたが、これは何も英語のみに当てはまることではありません。
このページの「英語」という単語を自分の学びたい言語に置き換えてみても、まったく同じことが言えるはずです。

後はとにかく頑張って練習するのみです。
大切なのは目的を持って何事にもどんどん挑戦することですね。

それでは頑張ってください。


ブログランキングに参加中です。
一押しお願いします↓
ブログランキング小  FC2ブログランキング小

スポンサーサイト
英語の勉強法連載2回目です。

英語を勉強する目的を持ったところで、私流の勉強方法を紹介します。これは私が実際にやった勉強法でそれなりの効果を上げてきたものですが、
人によっては合わないということがあるのであくまで参考としてほしいです。
また、一部考えようによっては危険と判断されるものも載せていますが、
それを実行して危険な目にあっても責任は負いません。


①日本でもできる勉強法

日本にいる限り一般的な日常生活だけで英語を習得することは不可能です。
周りはみんな日本語を話します。
そのため本人が努力しなければ英語は絶対に伸びない
それを念頭において以下の方法を試してみてください。


1.英語の日記を書く

 今日一日、なんでもいいからその日にあったことを英語で書いてみます。
単語がわからなかったら辞書で調べましょう。
また、その単語を文法上どのように使えばいいかも調べます。
なるべく同じような表現は避け、新しい単語や言い回しを使って文章を書いてみます。

そしてその出来上がった文章を声に出して読みます。
読み方のわからない単語が出て来たら電子辞書やパソコンを使って発音させて、それを真似ます。
何回か読んだ後に今度はその音読を録音して聞いてみます。
最初はおそらく聞いた後落ち込みますが、実際に英語で話したらそのように相手に聞こえていることになります。
後は練習あるのみです。
そのうち成長したと思える日が来るはずです。

また、英語の勉強には直接は関係ないですが、日記を書くことによって自分がどのような生活をしているか再認識し、
反省、向上のための行動を考えることができます。
何かやりたいことに向かって今日は何をできたという内容で日記を書けば一石二鳥。
また、それをブログに公開していろんな人と意見を交わしてみるのもありだと思います。
→主にライティング、ボキャブラリー、スピーキング力向上


2.NHKラジオの教材を使ってみる

 NHKから英語の良質の教材がたくさんでています。
自分のレベルに合わせていくつかのテキストが出ているからそれに合わせて勉強できます。
テキストは400円程度、CDも1500円程度で買えます。
安価で自分のペースに合わせて密度の濃い勉強できます。

使い方は、まずは文字を見ないで何度も聞いてみます。
次に文字を追って聞いてみます。
その後は分からない単語を調べ和訳し、答え合わせ。
そして最後に発音練習。
CDの外人さんの声を真似して、一緒になってしゃべってみます。
ネイティブの発音は早いから無理なら1行1行音を止めてやってみるといいと思います。

また、自分の発音を録音して聞いてみることも勧めます。
→主にリスニング、ボキャブラリー、スピーキング力向上


3.映画を英語で見てみる

 私が今挑戦しているのはアメリカドラマ「FRIENDS」。
まずは英語音声字幕なしで見てみます。
その後英語字幕で見てみます。
その際に気に入った言い回し等があったら後に習って発音練習。
実際にアメリカ人が使っている英語やスラングを学べるのが特徴。
また、1つの話しが終わったらその内容を要約して英文で書き出してみます。
もし内容を把握できなかったら日本字幕を使って確認します。

ちなみに日本語吹き替えで見たことがあるという人もいると思いますが、間違いなく英語版の方がおもしろいです。
意訳してしまっているから全部が伝わっていないからです。

この勉強法の特徴は楽しみながら勉強できる点です。
好きな映画ならば勉強しているとさえ感じないはず。

この勉強法はホントお勧めです。是非挑戦してみてください。
http://astore.amazon.co.jp/gettravelinfo-22
→主にリスニング、ボキャブラリー、スピーキング力向上


4.英語の本を読んでみる

どんなジャンルのものでもいいから英語の本を読んでみます。
HARRY POTTERシリーズが人気ですが、自分が気に入ったもので自分のレベルに合っているものを選ぶのがポイントです。
興味のない内容だとすぐに飽きてしまい、長続きしません。

個人的にお勧めなのは短編集です。
私は以前オーストラリアンジョークの本を勉強のために読んでいました。
これなら1つのネタが長くても1ページくらいで終わるので、飽きることなく続けることができました。

勉強法としてはやはり分からない単語は調べ、気にいった言い回しは練習して自分のものにする。
中上級者は英字新聞を読んでみるのもいいと思います。

Amazonの洋書のサイトです↓
普通に本屋で買うより安く買えます。
お気に入りを探してみてください。

→主にリーディング、ボキャブラリー力向上


5.外人が集まりそうなバーに行って実際に話しかける

 最初はちょっと緊張しますが、外人は結構気さくに話しかけてくれるものです(もちろん違う人もいます)。
ましてやバーで酒が入っている状況ならなおさらです。

日本にいる外人(特に旅行者)は日本人と話したいけど、日本語が話せないという状況に陥っていることがよくあるそうです。
とにかく自信を持って「HELLO!!」と言ってしまえば後はあなた次第でなんとかなります。

このとき聞き手に回りすぎず、どんどん英語を使ってみましょう。
言っていることが分からなかったら知ったかぶりはせず、「SLOWLY PLEASE」というだけでも大分違ってきます。

うまく話せなかったり、まったく会話が弾まなかったりして気まずい状況になったとしても所詮酒の席。
忘れてまた今度挑戦しましょう。
その際にはだめだった原因を考え、それを重点的に克服します。

何度かやっているうちに楽しみながら英語を練習できるようになります。
ただし、泥酔している人やナンパ目的で来ている人には気をつけましょう。
→主にスピーキング、リスニング力向上


6.英会話喫茶に行ってみる

 英会話喫茶というものがあります。
客は1時間に1000円くらい払って講師の先生と自由に会話をするといった形式。
客が多いと1人の先生に対して4、5人の生徒と言った状況になりますが、追加料金を払えばプライベートのレッスンができるそうです。

私が実際に行ったときは先生1人に対して生徒4人となり、英語のレベルもばらばらだったため正直苦しい状況でしたが、
先生が頑張って生徒全員に話題を振っていました。

英会話学校に行かずとも気軽に参加できるのが最大の長所。ただ、日によって当たり外れはあります。
→リスニング、グラマー、スピーキング力向上

日本でできそうなものをいくつか挙げてみましたので、参考にしてみてください。
全部をやることは難しいので、まずはこれらのうちのいくつかを挑戦してみて、自分にあった方法を見つけてください。

次回は海外編を紹介します。


ブログランキングに参加中です。
一押しお願いします↓
ブログランキング小  FC2ブログランキング小

最近英語の勉強ってどうやればいいの?ってよく聞かれます。

僕自体がそんなにぺらぺら喋れるわけではありませんが、
仕事の関係上使っているし、自分なりに勉強方法があるので、
ここに書き残しておきます。

長いので、連載ってことでまず一回目。


①まずは目的を明確に持つこと!


英語を勉強する目的は人それぞれにあると思います。
海外旅行に行って旅を楽しむため、または仕事で外国人を相手にするからなどなど。
これらは立派な目的だと思います。
しかし最近よく聞くのは「英語が話せたらかっこいいから」、「履歴書に書けば就職に有利だから」といったものがあります。
全員がそうだとは言えませんが、このような曖昧な目的を持ったり、そもそも目的を全く持たずに勉強したりしている人はまず伸びないと思います。

壁にぶつかったときにそれを乗り越えてやろうという意思を持っていないからです。
「***」を実現するためには英語が必要といった強い意志を持ったものだけがすばやく英語力を伸ばすことができると思います。

私は英語は所詮道具の一つであるとしか考えていません。
英語を使う職場で働く場合、英語を話せることはもはや当たり前です。だから英語をどのように勉強したらいいのだろうかということに悩む前に、まずは英語を使って何をやろうかということを考えるべきだと思います。

また、逆にどう考えても英語を勉強する理由が見出せない人の答えは簡単。やらなくていいです。


どうすれば効率よく勉強できるか

よく英語の勉強法等の本を読むと「文法はいらない」とか「英単語これだけ覚えろ」とかいろいろな持論を持ち寄っているのをよく見かけます。
ですが、しかしここであえて私の持論を出すのなら「文法も単語もスピーキングもリスニングも全部必要だから全部習得しよう」です。
言葉のルールに従って話す、聞く、書く、読むことをしていく限りこれらは全て必要です。
私たちが日本語を覚える際にも間違いなくこれらの全てを教わって実践してきたはずです。
要はそれらすべてをバランスよく、そして自分の弱点を意識して勉強することが何より大切だと思います。

それでは次回は実際に勉強方を挙げてみます。
お楽しみにo(*⌒―⌒*)oにこっ♪


ブログランキングに参加中です。
一押しお願いします↓
ブログランキング小  FC2ブログランキング小

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。